例え生活習慣ば決別しあう

ある画家、斉白石の絵を描いて、どうしてそんなに良いですか?しかも年齢はもっと古い絵が良いですか?彼が晩年、ほど愛着もほど、身の回りのすべてを大切に.

彼の晩年の絵は、両方の像を見るのは初めて赤唐辛子の感じがあって、また像は最後に一目の舎の情.

こんな記述が、私の心に深い動 .

まるでちょっとわかりました、あの赤い唐辛子、ハクサイ、小魚小海老、本も落ち着いて常常顔無光が、どうして皆の絵にはいい、が夢中になって、連城.だって、大師筆で、絵は万物の表象と、彼は世の中の万物莫逆交差して、一生離れ難い、彼の絵は大切にして、彼の愛と.

もし、人間の愛の気持ちもある顔、私は、それが成長してこんなに1枚の図画の様子、ごとに1つのタッチ、ごとに1滴水墨、最愛の目――最も純粋も最も復雑.それは熱烈な表現であり、深長の瀋黙、幸せもあるし、人には言えない、会って、また決別.

怒鳴り声を感じさせる、新鮮な出会いの心、お嬢さんの表現が無邪気で盛り上がり、むざむざ止まりません;決別切ない捨て難い、別れの情、私たちが知っている、愛の果てには、大切にして.

私は、人の一生は、そうでないような斉白石愛する万物、少なくとも、もですから深いから美に一度愛、たとえただ一人を愛して、1件の事、同じもの.

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です