「あなたの身体は、約60%が水分でできています!」「水分なしでは人間は生きることができません。」これらのことはあなたにきっとご存じではないでしょうか?水は人間だけでなく、地球の一全の生物にとって欠かせないモノなんです。だから水を飲むことは重視しなければならないです。特に朝起きたばかりカップ一本を飲んだのは、健康のためによい生活習慣といえます。

脱水状態予防

体内の水分が減り、即ち体が脱水状態になっているわけです。そのまますると、血液の中で含んだ水分が減り、粘り気を増し、ドロドロになってきます。このドロドロが、血栓となり、血栓ができると、動脈硬化の原因となります。血管が細くなっている動脈硬化の人は、その分血管がつまる可能性も高いです。脳の血管がつまれば「脳梗塞」、心臓の血管がつまれば「心筋梗塞」などの恐ろしい病気になってしまいます。

便秘予防
起きぬけに水を飲むことで、腸のぜん動運動を促進させ、便意を起こしやすくになったそうです。便秘解消、美容にも効果があります。また、胃腸が目覚めて動きが活発になるので朝食の消化が良くなり、消化不良による腹痛などを防ぐこともできます。

生活習慣病予防
水分を十分に摂取しなければ、血液中の水分が不足して「ドロドロ血液」になりやすくなります。ドロドロ血液だと、カラダの末端部分へ血液が流れが不良になったり、老廃物が排出しにくくなったりして、生活習慣病や肥満の原因になります。朝に水分を補給することでこれらに病気を予防することができます。