自分の生活習慣長澤まさみ葬式

p>と<2006年2月、62歳のハンガリー有名な家と皮肉作家のピーター・哈拉斯茲決定上演し、自分の人生の最後のドラマ――生きている自分の葬式に参加して!挙世驚きは、一見荒唐彼の行為は全世界を駆け巡った.

事はこのようにで、こちらの有名前衛の劇作家、晩年、肝臓がんを感じました、余命少ないの哈拉斯これのように静かに横たわって死者のようなガラスの棺の中に、通常のプログラムによって葬式、親戚たちは彼と哀悼を弔う.

生きている自分の葬式を体験し、あなたは、死者の観点からは葬式.この事件は非常に簡単かもしれないですが、結果はきっとおもしろいので、人々に参加する機会が少ない生身の葬式.一派楽ユーモラスな姿.彼にしてみればこれと彼の芝居は同じこと.

彼を見て間もなく死亡に直面して、この世界を離れる時、このような勇気と楽な態度に、私は彼の葬式に参加したいのは1人1人が笑わない彼が狂って、逆に、彼に敬服とたくさんの感動.世の人も、国や人種、肌の色も、性別、死亡に直面して生まれつき一種の特別な.死に直面して、人はたちまち間が沸き上がって無限感―――1種の孤立されて、見放され、完全に助ける感じ.そのため、多くの人がこの話題にしようとしても避けに言及して、それを隠す過去、まるでそれは避けることができたたかのように.人も多いよう里希ならそのムウグラムとし、もし私いつかは死ぬ、そして死弁解、それを合理化、知性化.実は根本を超えない死を超えて、ただいくつかだけ死の概念について.死神が本当に来る前にのまれた時、彼のすべての理性.

死亡の前に私達は無知とは、止まった時、恐怖、舎てないで、感傷的になって登場することが私たちの手に唯一の選択.もし私たちが自然に受け入れて、平然として地面にそれに対して、私達に生のように、積極的に、全然できて、平気で―――であったことを、私たちの魂が多いかもしれないが、私たちの気持ちも急に楽で、生命が開けた.

索甲仁波切『チベット生死の本》の中で学会どう亡くなった人は、学会どう奴隷をしません
.かも知れない、ある日、ある時、私達も自分の葬式に参加して、あなたがどのように直面しますか?

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です