講コンピュー生活習慣タ談

なんだかこんな題目を書いた、一見してと思って言って講談ね、実は講談私は話すことができませんが、聞いても少ない .私は、自分の本を持って習慣を、まるでただこのように、本の内容が完全に流入私の脳には、テレビを見て、いつもより来たその本を読む.いつの間にか、読んでいる本が多く、接触の本は自然が多くなって、私は突然に様々な本の格好をしてからとても大きい興味.

いわゆる

も衣装、仏より金装.本をさせたいなら人を愛し、本入りも自然なの!それを今の市場の流行のいくつかの靑春小説、特に原産は韓国のように、その形ははすべて1つの鋳型に刻した.すべて美しい皮、着飾るのがとても精巧で美しくて、上あの女性の2人のキャラクターの小人、あるいはハンサム男キャラ、あるいはクールの譜;女性の多くは緻密精巧で、美しい、目のとてつもなく大きな、そっと寄り添って男性の身に.表紙はそんな硬紙折り過去が、背面の印刷作者の状況や物語のあらすじ.本文は、一般的にその性質はとても軽い紙、厚い本をはかることを手に、しばしばいくら重み、恐らく同様に専門を今の学生は設計する、重すぎて、恐れを持てない.

本があるのを私はとても好きで、コンピュータ、は武侠小説.家は更に収蔵いくつかは、金庸や古、梁羽生が多く、それらの身なりは人に1種の古風で質樸で厳粛な感じ、手にとって、ずっしりと重いので、進行度に戦う.一番好きなのはやっぱりトリプル出版のセットの金庸小説全集、それぞれ独立本長編を見て、感じはとてもさわやかで、しかも表紙画のあれらの人物風景が古代の趣をささげ持って、まるで1巻の書は、古代の侠気嗅ぐ.

クラシカルな名は包装がきれいである、殘念ながらこの類本は収蔵が多く、最近買った『半生縁』はその一つ.本の殻でとても重々しい硬紙を叩いて、トントンの音を出す.そして外は袋をつるつるして紙のプラスチック、底面には深い靑、まさに本の著者張愛玲そんな古風で質樸優雅.本文の紙は白く、もちろんも硬度、週りが空になって大片ない装飾物ということによって、本文が際立つ.本から伸ばすその本の赤い糸は長い私は特に好きな、それはいいまた別の探しブックマークした.美しい自然の本もの値段は安くはないから、こういう本は家ではよくありません.

も本はその貴重で、1冊の私よりも古い《聊斎誌異》、カバーはとっくに飛んでない、しかも前後返しました多くのページ.年代が古いから、本紙も色づき始めて、毎回翻それもいいにおいが黴の匂いは、その内容については、本当にぴったり.

時、本人のように、自分の性格におしゃれをし、このようにやっと落ちた常套.しかしもしひたすらの外見に気を華麗で忘れた本質的なもの、それになって

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です